<   2013年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

自然栽培桃の花満開。

c0275667_1943412.jpg
昨年3月に頂いて植え付けた桃。品種不明だが元気な樹。
c0275667_1942171.jpg

昨年は20個程甘い実を実らせた。
c0275667_1945525.jpg
昨年12月に頂いて植え付けた早生白鳳

c0275667_19443037.jpg
花の色が白っぽくそれぞれ違うのですね〜。
c0275667_19453429.jpg
アルプス小町。

ゆっくりゆっくり根を張って大きくなっています。

花が終わるといよいよ葉が出て病気が発生してきます〜。
[PR]
by take-shizen | 2013-03-30 20:39 | 自然栽培桃

柿の樹の下によもぎ

c0275667_22523954.jpg
草を生やして10年近くなった無肥料 無農薬の柿畑に昨年あたりからよもぎが生えてきました。
今年は沢山広がりました。
c0275667_22515632.jpg
誰が摘む?誰が何作る?
[PR]
by take-shizen | 2013-03-23 22:51 | 自然栽培富有柿

自然栽培りんご 最後の剪定

c0275667_22171815.jpg
自然栽培5年目林檎ふじ。
昨年勉強会講師の木村興農社の熊田さんに自然栽培剪定をして頂いた方の樹。
今年は2月の28日に剪定をしましたが一部途中だったので今日残り最後を剪定しました。
c0275667_22181654.jpg
もう花芽も出て開きかけてきそうなので75度以上で上に向いて伸びている枝、徒長枝を切って、軽く先刈りをしただけ。
昨年、一昨年とバッサリ切ったので今年はそんなに切るところはない。
c0275667_22165867.jpg
とはいっても大きな樹なのでほんの一カ所だけでもこんなにありました。

林檎の樹の下は枯れ草の中から緑が広がってきました。

これで花を待つばかり。
c0275667_2244720.jpg











[PR]
by take-shizen | 2013-03-23 22:22 | 自然栽培りんご

イラガの卵の中

刺されるととっても痛いイラガ(サコケ)の卵。
恐竜の卵の様な柄。
リンゴや梨、柿の木に沢山です。
この段階で見つけては取ります。
c0275667_2220776.jpg
ちょっとやそっとじゃ固くて割れません。
間違って潰すとその汁でもかぶれるそうです。
潰さない様に鉋で剥がすようにして卵を落としますが。
c0275667_22191164.jpg

げっ、失敗した。
c0275667_22245533.jpg

こんにちは。

ごめんなさい。

さようなら。
[PR]
by take-shizen | 2013-03-23 22:21 | 虫達

葡萄も目覚めた。

c0275667_11235755.jpg

今年も剪定をした切り口から樹液が出て来ている。

葡萄が春を感じ根が土の中の水分を吸い上げる。
一年にこの季節の14日間だけという。

この樹液、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなど沢山。
ものすごく保湿性分を含んでいて化粧水や石鹸にもよい。

滴る樹液を顔や手にぬればしっとりすべすべふっくら。
[PR]
by take-shizen | 2013-03-21 21:54 | 自然栽培葡萄

木村秋則氏特別講演会 懇親会

木村秋則氏特別講演会の後の懇親会〜。
マリオット銀座東武ホテルで。

c0275667_205575.jpg
木村さんのご挨拶。
c0275667_2065072.jpg
NPO法人木村秋則自然栽培に学ぶ会の会員さんで双子のご姉妹さん。
宮城の踊りを。
講演会受付もこの姿で迎えてくれました。可愛いお二人でした。
c0275667_2073349.jpg

今回は山梨から木村式自然栽培勉強会@山梨の会長、副会長や会員も参加し、山梨の会の取り組みを紹介させて頂く機会を頂きました。
みんなで壇上にあがり、会長の小黒さんがしっかりと山梨の会の取り組みを紹介をして下さいました。

c0275667_2092473.jpg
こちらはNPO木村秋則自然栽培に学ぶ会の皆さんが作った自然栽培米のチャーハン。

c0275667_2083425.jpg
愛媛の自然栽培のデコポン。
沢山のお料理が並び、無くなるとすぐまた現れる。私達お料理のすぐ近くにいたので最後まで美味しいお料理を沢山頂いてきました。

c0275667_20155631.jpg
自然栽培米で作ったあられやおせんべいも販売されてました。
c0275667_20245599.jpg
自然栽培おせんべい。色々なお味が〜。
精華堂あられ総本舗 http://seikadoarare.co.jp/
c0275667_22214523.jpg
会場は大勢の方で賑わいました。
当初50人の予定だった懇親会でしたが申し込みが多く大きな会場に変えたそうです。
200人近い?

木村さんへの質問コーナーや、沢山の方が当たっていた抽選会、最後は木村さんのリンゴも10名に!私達のテーブル、誰か当たったらここでみんなで食べる?などと盛り上がっていたももの、近い番号は呼ばれるが誰も何も当たりませんでした。残念。

3年前の青森県でのシンポジウムや石川県羽咋でお会いした方達にも久しぶりに会えたり。
また長野でリンゴの自然栽培に取り組んでいる方などもご紹介頂いたり。
山梨に近い方にはチラシをお配りしたり。
こうしたきっかけで皆さんと出会いまた自然栽培の輪が広がっていく事が出来ると良いですね。

看護士さんで健康アドバイザー、食べ物から病気を治したり健康にしたい。なんて方や
アロマやハーブを使ったお仕事の方なども。

生産者、消費者、色々な立場の方達がそれぞれの立場から自然栽培というものを取り入れていってくれる事が普及に繋がっていくのです。

c0275667_20263382.jpg
最後にみんなで木村さんにご挨拶〜。

勉強会の皆さん、稲作も畑作もすでに忙しい時期に入っている時期での参加でしたが、また勉強会とは違ったお話も出来たりと楽しく終わりました。

私も今年で5年目に入りました。
こうした機会に自分と畑を振り返る。
相変わらずどうやってものらりくらりだけど、作物も私自身も少しでも進歩していける様に頑張っていきたいと改めて感じた1日でした。
[PR]
by take-shizen | 2013-03-21 20:19 | 自然栽培

木村秋則氏特別講演会

3月16日、「NPO法人木村秋則自然栽培に学ぶ会」主催で開催された木村秋則氏特別講演会に行ってきました。

c0275667_18384879.jpg
場所は東京銀座ブロッサム。
銀座から食を変えるとういコンセプト。

c0275667_18372458.jpg
900人のホールは満員御礼。当日券分も早くに完売してしまったようで立ち見の方までいらしたそう。
12時開場ですが、11時30にはすでに長蛇の列。

c0275667_18374655.jpg
入り口には東宝で6月8日から公開の木村さんの「奇跡のりんご」の映画のポスターが。

c0275667_1838742.jpg
ホールの入り口には全国で木村さんのご指導のもと取り組んでいる全国の皆さんの活動紹介など沢山の写真。

c0275667_18402248.jpg

初めに主催の「NPO木村秋則自然栽培に学ぶ」の理事長 清水精二さんのご挨拶。
清水さんは自然栽培米であられやおせんべいを作っている精華堂あられ総本舗の会長さんです。
精華堂あられ総本舗 http://seikadoarare.co.jp/

講演中は撮影をしなかったので今回はないのです〜。
プログラム
1:00~16:00まで。
今回のテーマは「食を考える」。主に消費者を対象とした講演会内容。

前半の1時間半は木村さんの講演。最後はTTP参加についてなど〜。
休憩を挟み
後半は主催のNPO法人木村秋則自然栽培に学ぶ会、宮城の加美町長沼太一さんが自然栽培米の取り組みを紹介。
全国での木村さんのご指導の元取り組んでいる団体、学校の紹介。

そして約1時間。パネルディスカッション。 
パネラー、コーディネータはこちら
コーディネーターは木村興農社の熊田浩生さん。
勉強会の講師でもあるので少し身近な感じで聞けた。

熊田さんの進行で、
生産者 木村さん、イエローハット創業者、販売のプロ鍵山さん、フィトセラピストで消費者、主婦の立場でもある池田さんからはそれぞれの立場から色々なご意見、お話を聞けました。

c0275667_21434972.jpg

この日はただ聞くだけでなく会場の皆さんも参加する形。
パンフレットの表は赤リンゴ。裏は青リンゴ。
これが「はい」「いいえ」として使われ、コーディネーターやパネラーさんからの質問に皆が答える。
例えば消費者は赤リンゴを、生産者は青リンゴをあげるなど。
その他色々。
参加者側からもメッセージを伝えられ一体感を感じられた。
前の方に座ったので会場全体に上がったリンゴマークを後ろを振り返って見たかった〜。
4時間もあっという間でした。

c0275667_11162639.jpg
入り口で配られた資料とお土産。
今回のパンフレット。宮城で自然栽培に取り組むJA加美よつばさんのパンフレット。弘前大学農学生命科学部生物学科 杉山教授の木村さんの自然栽培資料、鍵山秀三郎さんの書籍紹介。
農業ルネッサンス リニューアル記念号。しっかりして読み応えのある物ばかり。

c0275667_111708.jpg

そして今回の主催の「木村秋則自然栽培に学ぶ会」の宮城県加美町の皆さんで作られた自然栽培米2合?。
「私達の気持ちを込めて作りました」とハートのデザイン。
900人分、皆さんで1袋1袋思いを込めて詰めたのでしょう。
思いが伝わるお土産でした。

来場者はやはり消費者が多かったのか、木村さんの話を聞いている隣や後ろの方達が、初めて知る自然栽培、今の日本の農業、よいと言われている野菜やお米の実態などの話を聞いたときの反応、会話も私にとって貴重な内容でした。

来場した一人でも多くの消費者の方が食を考るきっかけになり、自然栽培に目を向けて頂けるといいです。

今回は山梨勉強会の会長、副会長、会員さんと会場で合流〜。
その後の懇親会へ。
また次に。
[PR]
by take-shizen | 2013-03-21 10:10 | 自然栽培

小麦今年は発芽した。

c0275667_11512279.jpg

昨年は色々重なりほとんど発芽せず全滅し、種が途絶えてしまった南部小麦。
今年はまた白州の渡辺さんから種を分けて頂いて播きました。
枯れ草の下から緑が出てきました。
生えからがまばらだけど、、、、

c0275667_11514952.jpg
今のところ元気です。

c0275667_1152180.jpg

つくしが沢山。
気が付いたら地下から段々と広がって来ています。
畑の草が年々変化します。
[PR]
by take-shizen | 2013-03-21 08:49 | 自然栽培小麦

自然栽培桃の花次々と

一番早い品種花嫁の次は色々な品種の桃の花が咲き始めました。
c0275667_2305225.jpg
アルプス小町
c0275667_23028100.jpg
不明。
c0275667_230953.jpg
早生白鳳
c0275667_22594215.jpg

今年は早いっ。
[PR]
by take-shizen | 2013-03-20 20:59 | 自然栽培桃

自然栽培桃の花開花

c0275667_1292531.jpg

昨年3月に植え付けた、畑の中で一番早く実る品種(花嫁)の花が開花しました。
まだ小さいですので沢山実らせずにゆっくりと、、、、
これから次々に違う品種の桃が咲き始めます。
[PR]
by take-shizen | 2013-03-19 09:06 | 自然栽培桃