<   2013年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ローズファームさんのフリマ終了。

6月30日、御坂町にあるローズファームさんで開催されたフリーマーケット。
アトリエ野の花さんと出店致しました。
心配していたお天気も雨も降らずに晴天、最後は暑いくらいでした。

e0274772_22202361.jpg
『自然の庭 ふわり』自家製酵母のパンと酵母の焼き菓子。今回は暑さを予想して、パンはベーグルをメインにしましたが、もちろん今回も朝採り野菜のピザも♪会場内て召し上がる方には、温めて提供しました。
e0274772_2220225.jpg
豆カレーをたっぷり包んだベーグル、チーズのせ。
e0274772_2220173.jpg
ふわりの果樹畑の無肥料無農薬 自然栽培りんご、野生の野苺ジャム、手作り豆カレーなど包んだ8種類のベーグル。
e0274772_22193486.jpg
カンパーニュ
e0274772_22313163.jpg
ふわりの小さな畑で育てた無肥料無農薬ピーマン、万願寺唐辛子、なすなどを朝採り野菜と手作りトマトソースのピザ
e0274772_2224631.jpg
酵母のマフィンなど、焼き菓子色々
e0274772_22232536.jpg
酵素も酵母も生きている無肥料無農薬 自然栽培甲州小梅のシロップ、ソーダ割り。
e0274772_22233949.jpg
ふわりの庭で飼育している蜜蜂からの非加熱生蜂蜜。今年の新蜜。

e0274772_028034.jpg
ご一緒したフリマ初出店の『アトリエ野の花』さん。
布花やレースなどを使ったアクセサリー、
e0274772_22165261.jpg
こんな風にTシャツに合わせても素敵。
e0274772_2217377.jpg
1つのアクセサリーがブローチなど使い方次第で何通りにも変身して、とってもお得♪
e0274772_22165991.jpg

e0274772_2215356.jpg
ストール付きのアクセサリー。シンプルなスタイルや、いつものストールが可愛く変身します。
e0274772_22142625.jpg

e0274772_22141120.jpg

e0274772_22494334.jpg
hana*momoさんの籠バックも一緒に。
e0274772_22495233.jpg

賑やかなブースになりました。

お客様や出店者の皆さんともゆっくりお話が出来て楽しい1日を過ごせました。お買い上げくださった皆様、ローズファーム様ありがとうございました。
[PR]
by take-shizen | 2013-06-30 22:35 | 自然の庭 ふわり | Trackback

豆カレーバーガー

e0274772_9233599.jpg

自家製酵母パン焼き菓子担当fufu、翌日のローズファームさんのフリマの準備。
ベーグルに入れる豆カレーを作ったので、少し頂いて焼いたグラハム丸パンに挟んでお昼に。
庭のバジル、イタパセ沢山のせて、、、
[PR]
by take-shizen | 2013-06-29 22:30 | 食べ物 | Trackback

自家製 生はちみつレモン

自然栽培の小さな果樹畑で飼育している蜜蜂達。
砂糖水や花粉などの人口餌や抗生物質は与えていない
自家採取 非加熱生はちみつをたっぷり使ったはちみつレモン。
c0275667_21585718.jpg

c0275667_2157363.jpg

c0275667_21564046.jpg

c0275667_2157642.jpg
2、3日で出来上がる。

はちみつは加熱すると酵素や酵母、190種類以上もある栄養素が死んでしまいます。
こうして飲むとお湯に溶かさないで生のまま頂けますね。

夏は冷たいお水やソーダで割って、、、

疲れがとれます。
[PR]
by take-shizen | 2013-06-28 21:54 | みつばち  | Trackback

自然栽培りんご ふじ

大きくなりました。
c0275667_236198.jpg

c0275667_2374164.jpg

c0275667_236522.jpg
あっ摘果見落とし
c0275667_2372678.jpg
ハダニやナシグンバイ、アブラムシなどの被害も。
c0275667_238179.jpg

c0275667_238035.jpg
こんな葉っぱも。
c0275667_2383362.jpg

c0275667_2394970.jpg
アブラムシ

c0275667_23155163.jpg
林檎にテントウ虫の幼虫が沢山でした。
取り除いて袋を掛けるのが何だか可哀想で、、
そこから脱皮していきました。
c0275667_23162826.jpg
取ると小さい黒い点が、、、ま、しかたがない。
c0275667_23183488.jpg

すでに林檎が大きくなり過ぎましたが、袋掛けておこう。
[PR]
by take-shizen | 2013-06-26 23:10 | 自然栽培りんご | Trackback

自然栽培桃 はなよめ収穫。

自然栽培桃 花嫁 植え付けて2回目の収穫。
2本のうち1本は無袋。
c0275667_2340473.jpg
6月10日の無袋のはなよめ、ブログに載せた画像。
この時すでに採り時だった??
c0275667_23411038.jpg

c0275667_23421595.jpg

c0275667_2291130.jpg
もう1本は無薬の一重の下の開いている袋を掛けてみた。
6月17日。

c0275667_2284560.jpg
あともう少し、、、
なんて悠長な事を言っていたら、見に行ったら無袋の実のほうに小さい蟻がゾロゾロ。
食べられていた。一足遅かった。一足どころかもしかして一週間遅かった?
無袋でも実らせた全部の実が病害虫被害を受けていなかったのに。
最後の最後に蟻さんとは。
苺もあともう少し、といっていると蟻さんに先に食べられてしまう。

大失敗。樹で完熟させてしまいました。
完全に収穫時期を逃してしまった花嫁。
4日前に出荷開始の放送が流れたらしいが聞いていなかった。
しかも昨年より全てが2週間早いんだから収穫も早くなるはず、、、
次の品種は気をつけなきゃ。

c0275667_2274529.jpg
無袋の実。
蟻や虫、鳥?に食べられた跡。
採り時を逃し甘みが抜けたのか、一番したくない雨の翌日の収穫で水っぽくなったのか、まだそれほど大きくない樹に数が多すぎたのか(11個)味が水っぽくて薄い。
c0275667_2275653.jpg

でも袋を掛けた樹の方は微妙に遅いのか、まだ蟻が寄っていなかった。
こちらの樹の方がまだ少し固くて香りも甘みも強かった。
少し少ない8個だから??
袋のせい?

c0275667_2282199.jpg
味の薄い水っぽいのは12度ほど。
甘いのは13度ほど。
大きさはまだまだホントに小さくて180g程度。(最近の高級スモモのほうが大きいそう、、、)
c0275667_2284976.jpg
でもこの味加減。
樹が大きくなったら玉も大きくなるだろうし、数も増えるし、、、
楽しみな味わいです。

c0275667_2281443.jpg

小さい樹なのに今年もよく頑張ってくれました。
葉はそんなに被害もなく元気。
収穫後もちゃんと酢散布するよ。
これからまた来年に向けて養分を蓄えてゆっくり大きくなってね。

今年もありがとう。
[PR]
by take-shizen | 2013-06-25 22:07 | 自然栽培桃 | Trackback

ライ麦収穫〜。


c0275667_2331743.jpg

c0275667_2354095.jpg

c0275667_234197.jpg


c0275667_233269.jpg


c0275667_2353147.jpg


c0275667_233273.jpg


c0275667_21505943.jpg

[PR]
by take-shizen | 2013-06-24 22:57 | Trackback

ニンニク収穫。

無肥料無農薬畑。 自然栽培ニンニク。今年も収穫〜。
自家採種のニンニクと、購入した青森六辺。
c0275667_21243865.jpg
6月18日。
全てが遅れている、、、
みんなに手伝ってもらう。

300粒種おろししたので全てが6辺ではないが300本近くを抜く。
c0275667_2125516.jpg

c0275667_21251931.jpg

c0275667_21254113.jpg
6片にはならず小さいのもあれば
c0275667_21243647.jpg
無肥料でも立派な6片に。
c0275667_21204516.jpg

c0275667_21212818.jpg
6月22日、根を切り吊るす。

c0275667_21191480.jpg
土付きで乾燥させると日持ちがいいらしいです。
c0275667_21222796.jpg


掘りたて生ニンニク、市場に出回っている乾燥ニンニクとはまた違う美味しさです。
[PR]
by take-shizen | 2013-06-24 21:18 | 自然栽培畑 | Trackback

take小屋にプレゼントいただく。

c0275667_23521864.jpg
take小屋に可愛いリースが、、、、
いつもお世話になっているアトリエ野の花さんからのプレゼント。

c0275667_23522699.jpg
これ、私が柿の木の下にポイッと投げておいたドライになった庭のかすみ草の花束。
アトリエ野の花さん、「これは捨ててあるの?」
私「うん、捨てたの。」
野の花さん、拾って来てちょこちょこっとしたらこんな可愛いのに変身しちゃいました。
c0275667_23514858.jpg
take小屋がいきなり可愛くなっちゃった。

c0275667_0193767.jpg
そして既に小屋を一周してしまうくらいに大きく伸びたツルバラをいただきました。
やった〜、嬉しい〜。
早速植え付けました。
とりあえず仮留め。これからちゃんと壁に這わせま〜す。
どんなバラの花が咲くんだろう〜。
楽しみです。
名前は〜〜〜と長い名前でした。
ほんとにほんとにありがとうございます。

c0275667_2354124.jpg

少しずつ少しずつ作り上げている空間。
庭や畑の植物達も自分達も日々変化していく。
毎日毎日楽しくて、嬉しくて、面白い。
幸せです。
[PR]
by take-shizen | 2013-06-24 20:49 | take小屋 | Trackback

果菜類達いよいよ

c0275667_22415342.jpg

c0275667_2241323.jpg

c0275667_22422838.jpg

c0275667_224242100.jpg

c0275667_22434484.jpg

c0275667_224404.jpg

c0275667_22425490.jpg

[PR]
by take-shizen | 2013-06-23 22:40 | 自然栽培畑 | Trackback

蜂の子

蜂の子の画像が出ます。苦手な方は気を付けて下さいね〜。

ローヤルゼリー繋がりで、自然からの素晴らしい栄養源。蜂の子。

今年は初めて自分で飼っている西洋蜜蜂の蜂の子を調理出来ました。やった〜。

苦手な方もいるのでいきなりは画像は出しません〜。
c0275667_1946250.jpg

c0275667_19445755.jpg
働き蜂に囲まれている女王蜂。
c0275667_1631990.jpg
こちら甘辛く煮詰めた蜂の子。
羽化する前のアミノ酸が一番豊富な時の雄の蜂の子。
カリカリベーコンとでも言えば分からない?

さすがに調理前の姿は止めておきます。女子達が見ているのでね。
飼い始めて3年目。蜜蜂さん達からのはちみつのお裾分けも嬉しいが蜂の子が嬉しい。
フライパンでカラカラするのも良いけど、保存の為にお酒と醤油、ちょっとの蜂蜜で煮ました。蜂蜜は入れない方が好みだが。
小さい頃はバター醤油で炒めたりしたが、
最近はすぐ食べてしまうときは塩だけか醤油をひと回しで炒り炒りする。少しは大人になった?

蜂の子も言うまでもなくものすごいアミノ酸の宝庫。栄養素たっぷり。
大きい養蜂業社の新聞広告やネットでも蜂の子サプリが昔からよく出ているが、ローヤルゼリーもそうですが色々言ってもやはりとりたてをいただけるは何よりで、幸せです。

高級料理やお皿の上に絵を描いた様な素敵なお料理ももちろんいいですが、蜂の子でも採って食べてたほうが五感が、と言うよりも魂が喜んでいる。
今は知り合いの方がたま〜に地蜂の巣をとって持って来てくれる。

西洋蜜蜂も美味しいが私的には味は地蜂の方が好みかも。
スズメバチの幼虫は大きすぎるしなんだか苦手。
よく炒めるか素揚げにする位が私はいいかも。
どこかの県では大きいスズメバチの子を家族みんなで美味しい美味しいとよく食べていますね。

蜂の子 長野は特産品ですね。
先日駒ケ根の帰りに寄った高速のサービスエリアでも沢山売っていました。
イナゴも大好き。でも市販のものは何となく甘いからやはり家で煮た方が美味しいね。
この辺には田んぼも少なくなってしまってイナゴって何処にいる?
でも緑のバッタやコオロギは意外と苦手〜。
蚕のさなぎの佃煮もありました。まだ食べた事ない。佃煮だから小さくなってましたよ。
テレビじゃないが大きい芋虫を生で食べるとかは出来ませんよ〜。
香ばしく炒り炒りしたのが好きなのです。

c0275667_2024279.jpg

c0275667_20234260.jpg

買うと高いんですよね〜。

また来年も蜂さんから沢山いただけます様に。















 
[PR]
by take-shizen | 2013-06-21 17:03 | みつばち  | Trackback