<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

木村式自然栽培勉強会@山梨 総会 成果発表会

1月22日(木)に木村式自然栽培勉強会の27年総会、26年成果発表会が行なわれました。
午前中は朝から果樹部会の現地勉強会もあり、丸1日がかり。
この日は山梨は朝から雨。長野県は朝から雪。そんな中飯田市、松本、茅野からの会員さんや愛知県や東京からもお客様がお車で参加されました。

c0275667_1202149.jpg

2008年のグローバル株式会社さん主宰の木村さんの講演会直後に集まった30人が
グローバル株式会社の森川社長にお世話になりながら勉強会を開催し、
その2年後には小黒農場小黒さんが会長となり自分達で会を運営し活動して
4年目になりました。
今年は会長はじめ新役員になり新たに会を運営して行きます。

新会長は北杜市ほのぼの農園さんの佐藤栄一さんです。

成果発表は各部会1人ずつからの発表と、
今回は熊田氏+森田氏(弁護士、おりてゆく生き方プロデューサ)
の対談が会員達の心に響き大好評でした。

会のブログに様子を載せてありますので良かったらご覧下さい。
木村式自然栽培勉強会@山梨ブログ http://kimurashikiyamanashi.blog.fc2.com/

[PR]
by take-shizen | 2015-01-26 12:06 | 木村式自然栽培勉強会@山梨 | Trackback

自然栽培甲州百匁 無添加ころ柿販売。

大変お待たせ致しました。
自然栽培甲州百匁柿 無添加の枯露柿(ころ柿)が仕上がりました。

祖父の代から受け継いだ樹齢50年、半世紀以上除草剤不使用、農薬、化学肥料、有機肥料、堆肥など一切使用せずに実った自然栽培7年目の甲州百匁の枯露柿です。
c0275667_1275811.jpg


ころ柿の中でも特に高級品と言われる山梨県産の甲州百匁の枯露柿。
一般に市販されているものは、色を綺麗にする為や早期乾燥の為に酸化防止剤
(二酸化硫黄硫黄)はもちろん、専用の乾燥機や大型扇風機などを使用しているところも多くあります。

takeの自然栽培枯露柿は酸化防止剤(二酸化硫黄)や、乾燥機、大型扇風機などを使用せずに自然の天日と冷たい冬の空っ風だけでじっくりと干し上げた
無添加の枯露柿です。
しっかり赤くなった柿を収穫し、手作業で皮を剥き吊していき、表面が乾いたら藁の上に平干にして、柿の繊維を切り柔らかくなる様にやさしく手揉みをしながら
毎日数回裏表の転がし作業をし、丁寧にじっくりと時間をかけて作りました。

c0275667_1694670.jpg
農薬、化学、有機肥料、堆肥を一切使用しないで沢山の草達や生き物達の中で実った甲州百匁柿。

甲州百匁柿とは主に山梨県(甲斐の国、甲州)甲州盆地周辺で栽培されていて
釣鐘形をした大きな渋柿。通常のものでも350gから400g程で、
大きなものでは500g以上になります。
百匁柿の名称は百匁(ひゃくもん)=約375gであると言う事から言われる様になり、それが訛ってひゃくめ柿となったと言われています。

c0275667_16251122.jpg
11月中旬に収穫
c0275667_16225585.jpg
300gから〜500g以上のものまで。

c0275667_16305750.jpg
汚れやヘタをとる。

c0275667_1515141.jpg
手作業で皮をむき沸騰したお湯にくぐらせながら吊します。

c0275667_15155331.jpg
表面が乾き少し水分が抜けてきたらやさしく手揉みを繰り返します。

c0275667_1838498.jpg
次は藁の上で平干し。
形を整えながら毎日数回裏表にひっくり返し乾燥させます。
c0275667_18392530.jpg
天日に干され日ごとに水分が抜けていき旨味と甘みが凝集され白い粉がふき始めてきます。これは柿から出る天然の甘み成分が結晶したものです。
水分が抜けていく程に次第に白い粉で覆われます。天然の粉砂糖。

枯露柿はとても栄養価が高く、日本を代表するドライフルーツ。
特に甲州百匁柿の枯露柿は高級銘菓とも言われ和菓子の様な自然食です。
あまり揉み広げずふっくら柔らかく1つずつ心を込めて仕上げました。
肥料、農薬、添加物を一切使用しない自然の恵みを味わって頂けたらと思います。

c0275667_1510548.jpg
1個ずつ包装し枯露柿専用の化粧箱に詰めてお届けいたします。

体を気遣っておられる方、小さなお子様がいらっしゃる方、ご年配の方への贈り物にも大変喜ばれております。

自然栽培甲州百匁 無添加「枯露柿」
化粧箱3号 6個入り終了致しました。
    9個入り終了致しました。
化粧箱2号 2Lサイズ12個入り終了致しました。
送料別。
包装してお届け致します。


お問い合わせ
「自然の庭 ふわり」
fuwarinoniwa2013☆yahoo.co.jp(☆を@に変換して下さい)
担当take












    
[PR]
by take-shizen | 2015-01-18 15:16 | 自然栽培果樹 販売 | Trackback

本年もよろしくお願い致します。

新年のご挨拶が遅くなりましたが、
本年もどうぞよろしくお願い致します。

年末は自然栽培の稲穂を使って、家族やお隣さんで手作りのお正月飾りを作りました。
c0275667_12442966.jpg

教えて下さったのはアトリエ野の花さんのkyoko先生。

c0275667_13193347.jpg

こちらに使った稲藁は北杜市の「ほのぼの農園 ナチュラルハート」さんの自然栽培の亀の尾。

c0275667_13191946.jpg


たわわに実った稲穂が重たいくらい付いていました。


c0275667_131156.jpg

庭の松や南天、古布などを使い色々なタイプのものを作りました。
様子はふわりのブログにも。
こちら


c0275667_13513428.jpg

c0275667_13513686.jpg

小さな獅子舞ちゃんも!


c0275667_1352124.jpg



c0275667_12445117.jpg





楽しくてその他まだまだ
た〜くさん作りました♪
[PR]
by take-shizen | 2015-01-12 21:17 | 手作りのもの | Trackback