春の花次々と

連日の気温の高さで畑一面の枯れ草の下から草花達が出てきました〜。
c0275667_10241144.jpg
たんぽぽ〜。
c0275667_10242172.jpg
オオイヌノフグリも蜂の巣箱の周りに沢山。広がる。
c0275667_10264694.jpg
玄関先のミニ水仙テータテート(ティタティタ)。ずらっと咲いてきました。
今年は数種類の水仙も全部一斉に開花。
c0275667_1023734.jpg
チューリップもいよいよです。

あっというまに畑や庭先がカラフルになってきました。
[PR]
# by take-shizen | 2013-03-13 08:35 | Trackback

農業ルネッサンス リニューアル記念号

c0275667_2125669.jpg

木村さんの活動情報誌 農業ルネッサンスがリニューアルしました。
特別記念号でページも増えています。内容も盛り沢山になってきました。
c0275667_2134666.jpg

自然栽培実践者が増えてきているなか、木村さんが今感じている思い、メッセージなどが書かれています。大事〜。
c0275667_2152530.jpg
今回は連載もスタートされ、「自然栽培実践者たちの声」で生産者さんが紹介されています。
一月の勉強会の総会の時に熊田さんが持って来てくれた自然栽培イチゴの「みどりの里」の野中さんも紹介されています。
c0275667_224996.jpg
勉強会の講師でもある木村興農社の熊田浩生さんの「関係性の表現」連載もスタート。

技術的な事ばかりでなく、自然栽培と言うものを理解するうえでとっても基本的で、しかしとても深く、これまた大事な事が書かれています。

木村さんの全国での活動、ご指導の様子、情報、全国各地の自然栽培への取り組み実績、情報などが載っています。

農業ルネッサンス http://www.toho-pub.net/kiseki.php
農業ルネッサンスfacebook https://www.facebook.com/agrirenaissance
[PR]
# by take-shizen | 2013-03-10 21:05 | 自然栽培 | Trackback

にんにく出てきました。

昨年11月10に植え付けたにんにく。
植え付けが遅すぎたので心配してましたが枯れ草の下からすくすく伸びてきました。
c0275667_12341626.jpg

昨年の種からのもの。

c0275667_12352230.jpg

頂いた石和特産のジャンボにんにくも出てきました。
無肥料でジャンボになるかな?

植え付け時の様子 こちら
[PR]
# by take-shizen | 2013-03-10 20:29 | 自然栽培畑 | Trackback

蜂さんネコヤナギに。

c0275667_16413419.jpg

あっという間にネコヤナギが花粉を出し始め、蜜蜂達が集まって花粉を集め出した。
もうそんな時期。早い~。
このブンブンとうなる様な音が庭先で聞こえると春到来を感じます。

c0275667_16394787.jpg
またこうしてカメラ片手に蜂を追う時期が来た。

c0275667_16421480.jpg
しっかり運んで帰ってきます。

c0275667_16424490.jpg
今年はまた仲間が増えました。しっかり受粉をしてくれそうです。
忙しくなるな。
[PR]
# by take-shizen | 2013-03-06 20:27 | みつばち  | Trackback

蜂さん桃のハウスへ

先日剪定をしていたら、我が家の数百m先にある桃のハウスの農家さんが姉に声をかけていました。
「今、そこのハウスで桃の受粉をしているんだけど、沢山蜂が入って来る。お宅で蜂を飼っていると聞いたので」、、、と、
姉は苦情だと思い私を呼んだ。
話を聞いてみると、「すみませんどころかこちらこそありがとうですよ。」と。
蜂が受粉を手伝ってくれるということでお礼に来た。

「沢山入っているからもの凄い音だよ。」
ハウス開いているから良かったら入ってみていいよ~。」

早速姉と母と三人でハウスへ向かいました。
c0275667_16343366.jpg
ヘ(゚∀゚*)ノ初花見~。
入ったとたんブンブンとそれはそれは物凄い音。
これは凄い。お礼を言われるはずです。
桃やイチゴのハウス栽培はじめ果樹農家さんは受粉の時期だけお金を払って受粉用にと蜂の箱を設置するのです。

すごい数の蜂が入っています。このハウスに1箱2箱置いてある様なものです。

c0275667_16351599.jpg
見上げる程の結構高い桃の樹。ぱっと見、見当たらないが高い上の方に沢山いた。
どこへ行っていると思ったらここへ来ていたのか~。

c0275667_16361947.jpg
満開、きれい。もう葉も出て来ている。

c0275667_16363117.jpg
おー、いたいた、やっと手の届く場所に来た。

私が一番最初に蜂を飼おうと思った時に我が家の果樹の受粉ばかりでなく、地域の農家さんへの受粉にも役立ってくれたら!との思いで飼い始めた。
この辺は蜂を飼っている方は少ないのです。

我が家の畑の剪定をしてくれたりいつも色々とお世話になっている近所の桃農家さんの畑へも沢山飛んでいってくれて少しでもお返しが出来たら!とそんな思いも込めていたが、その畑は路地栽培でその時期には桜か他の花にいってしまうのか、なぜかほとんど蜂は行かないらしい(´・ω・`)

我が家の目と鼻の先にあるハウスの桃畑、今まで顔も見た事もなかった農家さんから「ありがとうございます」と言う言葉を頂いた。
3年目にしてまたひとつ小さな自分の思いが形になった。

小さな事だけど、自然栽培ばかりでなく、蜜蜂を通してからも「何か」を少しでも感じてもらえたり、気づいたりしてもらえる事ができたらと。

今年は箱を増やしたので沢山の蜜蜂がこの近辺を飛んでいる。

この地域は葡萄、桃、柿などの果樹園地帯。
蜜蜂にとって農薬での被害はもちろんですが、ハウスは閉めてしまうので出られなくなってそのまま死んでしまったり、ビニールの開け閉めで巻込まれて死んだりするらしい。
思わず母、姉と三人でハウスの隅を蜂が死んでいないか見て歩いたりと(^_^;)

ハウス農家さんは、なるべく遅くまで開けておいてくれると言ってくれましたが、、、
蜂さん元気にちゃんと帰って来てね。

沢山の草を生やすことで沢山の草花が咲き、蜜蜂にとって大切な花粉や蜜も頂ける。
果樹の受粉もしてもらえ、最後に蜂蜜のおすそわけも頂ける。

小さな畑ですが自然栽培に切り替えた事で、色々な事への広がり、繋がり、学び、恵み、とても大きなものを沢山頂いています。
[PR]
# by take-shizen | 2013-03-05 19:24 | みつばち  | Trackback

無肥料 無農薬 甲州梅の開花

c0275667_16462045.jpg
畑の無肥料 無農薬甲州小梅の花も咲き始めました。
今年は昨年より花が沢山。
小梅が楽しみ。


c0275667_1645393.jpg
2月17日に咲き始めた玄関の紅梅。
良い香りを放っています。
まだ寒い中最初にひょっこりと開花した一輪。

c0275667_16441710.jpg
もうかなり満開です。花びらが舞い散るものも、、、
[PR]
# by take-shizen | 2013-03-05 16:29 | 自然栽培小梅 | Trackback

葡萄剪定

無肥料 無農薬で5年目に入った葡萄スチューベン。お楽しみの1本。
c0275667_052169.jpg

樹齢40年以上で太い枝は枯れてきたり、少しづつ切っていきこの形。
太い枝を1本切った数年前、幹の途中から沢山の芽が出て来ました。
その芽を大事にしていたらたこ足の様に伸びて来きて、
昨年はその枝にも沢山実りました。
今年は二股の左側の古い枝が枯れて来たので落とし、右側も古いし他に若い枝があるので思い切って切りました。

c0275667_071065.jpg
こんな感じに。
昨年木村さんが来園された時には、もう少し下から切ってしまっても良いとおっしゃっていましたが、なんだか思い切れずに上の1本も残してしまった。
凄いたこ足だけどひとまず放射状に広げました。

今年は若い枝ばかり、どうなるかな。頑張ってね。
[PR]
# by take-shizen | 2013-03-03 09:08 | 自然栽培葡萄 | Trackback

自然栽培5年目に入った林檎。

無肥料 無農薬 有機肥料 堆肥などを一切与えずに、土や作物、微生物、沢山の草花や虫達の自然の力によって作物を実らせ5年目に入りました。

c0275667_9375253.jpg

今年の剪定後の林檎の樹。2本あるうちの1本。
品種 ふじ
樹齢 60年


今年もどんな花が咲き、葉が出て、虫達と共にどんな実を実らせてくれるのか楽しみです。
[PR]
# by take-shizen | 2013-03-01 07:10 | 自然栽培りんご | Trackback

2013味噌造り

我が家の庭で作り始めて3回目の味噌造り。
今年は姉の旦那さんの実家の分も含めて購入した国産大豆で32㎏と自家製無肥料自然栽培大豆(おおつ)で12㎏、44㎏の味噌を作りました。

全部を自家製自然栽培大豆ってことは今年も無理でした~。(^▽^;)
ほんとは麹も自家製の自然栽培米の麹なんか使いたいけど~、田んぼはないし~。
ということで今年も甲府の老舗おかめ麹さんで購入した米麹、麦麹半々の甲州味噌造り。


c0275667_16482245.jpg
我が家の無肥料自然栽培大豆(おおつ)

c0275667_16505331.jpg
前日夕方に豆を洗い水に浸しておく~。外は寒いから中で洗っちゃった。

c0275667_165025.jpg
姉火入れ~。今年は2釜使う。小さい釜は無肥料自然栽培大豆用。

c0275667_16511647.jpg
ゆであがり~。このままでも甘くて美味しい。

豆を蒸らしている間にお昼の休憩。
c0275667_16514125.jpg
火を焚いたらお約束の焼き芋です。

c0275667_16515949.jpg
ミンチにかける。

c0275667_16523444.jpg
麹と塩をよく混ぜ合わせておく。米麹、麦麹 塩

c0275667_1654345.jpg
人肌に冷めた豆と麹と塩をよく混ぜる。

c0275667_16532867.jpg
煮汁(あめと呼ぶ)を混ぜ柔らかさを調整する。

c0275667_16561318.jpg
団子にして空気を抜く様に投げ込んで終了。

仕込みたては真っ白な色をしています。一年経てば美味しいお味噌になる。
でも我が家は2年味噌で食べ始めます。

こちらは一番始めに作った我が家の自然栽培の青大豆で作った3年味噌。

c0275667_16491298.jpg
お椀にネギと味噌を入れお湯で溶くだけでそれだけで十分。
3年味噌、香り高くて深みがあり何も要らない。
最近は鍋で具を入れたり火にかけず、みそ汁と言ったらこれです。
また青大豆で作りたい。

今年も美味しいお味噌になってね~。
[PR]
# by take-shizen | 2013-02-20 20:25 | 手作りのもの | Trackback

自然栽培米のお酒「よろづ」誕生

全国の無肥料自然栽培の作物を沢山扱っている埼玉県の自然食品店サンスマイルさんから自然栽培米で作ったお酒を頂きました。

c0275667_16191812.jpg
素晴らしい自然栽培米を作る成澤さんの自然の力で育った米を、天然菌で自然の力を利用したお酒造りの千葉の寺田本家さんで醸造、そして自然食品店サンスマイルさんと自然回帰さんで販売という生産、製造、販売の4者がタッグを組んだスペシャルな自然酒が誕生

c0275667_16194627.jpg
生きた天然菌は勿論、4者の思いも生きているお酒。

c0275667_16203580.jpg

昔から作られているどぶろくの基本的な作り方で仕込まれたお酒。

甘口ですが最後にはスッーっと残らない甘さ。
上澄みは白ワインのよう、と書かれていたが確かにそんな感じ。

我が家もお楽しみで自家製ワインや柿酢など作るけど、やはり野生酵母で自然発酵など自然の力で出来上がった物は何とも言えない旨味や複雑味、力強さがあります。
何と言っても生きた酵母が腸までしっかり届く。

普通の純米酒と比べ数倍以上の有用菌、有機酸、アミノ酸が豊富でまさにお酒は百薬の長といわれるのが分かるお酒。
安心、安全、美味しいだけでなく身体にも良い。素晴らしいお酒ですね。

ゆっくり味わいます。

なりさわ生命食産 http://www.sunsmile.org/farmer.php?eid=00008
寺田本家 http://www.teradahonke.co.jp/
サン・スマイル http://www.sunsmile.org/
自然回帰 http://shizenkaiki.jp/
[PR]
# by take-shizen | 2013-02-18 19:14 | 自然栽培 | Trackback

降りてゆく生き方 上映しました。

木村式自然栽培勉強会@山梨主催で映画 「降りてゆく生き方」を北杜市で上映しました。
c0275667_22544037.jpg

私は一度見ているので上映中も受付、会計〜。
c0275667_2255299.jpg
そういえば写真を全然撮ってない!
ホールの中の事は何も分からなく上映終わって皆さん出て来たところをようやく撮れました。
沢山のお客様にご来場頂きました。

c0275667_22553139.jpg

私は先に帰りましたが、残ったスタッフと「降りてゆく生き方」音楽プロデューサーの柴木さん(前列中央)で集合写真。みなさんお疲れさまでした。

降りてゆく生き方 http://www.nippon-p.org/index.html
[PR]
# by take-shizen | 2013-02-17 22:53 | 木村式自然栽培勉強会@山梨 | Trackback

木村さんのりんご

農業ルネッサンスを購読申し込みしたら、木村さんの林檎が一個すぐ届きました。
早い。
わ~い、2年ぶりにまた味わえる。ヾ(@^▽^@)ノ

c0275667_1621248.jpg

箱を開けたとたんの香りが濃い~。
母と姉、姫にもね!友人やたまたま訪れた果樹部会の方などと少しづつ味わう~。

やはり甘みと酸と香りがギュッと詰まってしっかりしている。
美味しい~。(≧▽≦)
2年前に食べた時も美味しかったが、時期的な事もあるのか今回の方がより美味しい。
我が家もこんな味わいの林檎になってほしい~。

c0275667_1625498.jpg

そして木村さんが栽培責任者になっている自然栽培米も1㎏頂けた。
味わって頂こう。

購読して本が届く前にすでに楽しんでしまった。(*^▽^*)
今からなのよね、3月号は内容もまたリニューアルするそうなのでこれから楽しみ~。

農業ルネッサンス http://www.toho-pub.net/kiseki.php

農業ルネッサンスfacebook facebook https://www.facebook.com/agrirenaissance
[PR]
# by take-shizen | 2013-01-27 16:00 | 自然栽培 | Trackback

木村さん勉強会畑作にご指導の様子

c0275667_22163555.jpg

c0275667_22171037.jpg

c0275667_22273912.jpg
c0275667_22341297.jpg
c0275667_221991.jpg

c0275667_22202328.jpg
c0275667_22345861.jpg

c0275667_222158.jpg

c0275667_22301298.jpg

[PR]
# by take-shizen | 2013-01-25 22:15 | 木村式自然栽培勉強会@山梨 | Trackback

木村さん我が家に来園の様子

c0275667_10463922.jpg

c0275667_10481821.jpg

c0275667_10514126.jpg


c0275667_10515968.jpg

c0275667_10505615.jpg

[PR]
# by take-shizen | 2013-01-25 21:40 | 木村式自然栽培勉強会@山梨 | Trackback

農業ルネッサンス 冬号

木村秋則さんの活動情報誌 「農業ルネッサンス、冬号」に昨年10月に甲府富士屋ホテルで行なわれた山梨県主催の有機の郷推進交流大会「有機、自然共生農業を考えるつどい」の記事や、その翌日に木村式自然栽培勉強会@山梨の我が家の果樹園と畑山農場さんへ木村さんが視察、栽培指導に来られたことが掲載されました。
c0275667_15375255.jpg


c0275667_15372576.jpg

c0275667_20481244.jpg

講演の内容など5ページにわたってとても詳しく載っています。
当日行けなかった方ぜひご覧下さい。

c0275667_20484419.jpg

翌日、勉強会の果樹部会、我が家の畑と、畑作、畑山農場さんを視察、ご指導頂きました。
その様子は次に。

その他木村さんの全国でのご指導、活動内容が載っています。

農業ルネッサンス http://www.toho-pub.net/kiseki.php
[PR]
# by take-shizen | 2013-01-25 15:55 | 自然栽培 | Trackback

木村式自然栽培勉強会@山梨 25年度総会 成果発表会

1月23日は、25年度 木村式自然栽培勉強会@山梨の総会と成果発表会が甲府商工会議所で行なわれました。
午前中に我が家で果樹部会があったのでバタバタの移動~。

でも時間通りに開催されました~。

c0275667_15114620.jpg

総会では、24年度活動報告、収支報告、25年度活動計画、役員選出など。

今年は会のHPなども作成し、この会の活動などをより多くの皆さんに知って頂けるようにしていく予定です。

c0275667_15121053.jpg

講師の熊田さんから愛知県豊田市の「みどりの里」さんの自然栽培イチゴを頂きました
普段はお目にかかれない貴重なイチゴ。
大きくて香り高くて甘くてすーっと入っていく自然な甘さ。

c0275667_15123598.jpg

休憩時間に昨年の成果を見て頂く様に林檎と甲州百匁柿コロ柿も展示。
皆で自然栽培イチゴを頂く~。

休憩を挟んで、次は成果発表会でした。

この日は、昨年度甲府富士屋ホテルで行なわれた、 県主催の山梨発「有機の郷推進交流大会」に自然栽培の木村秋則さんを迎えられた事をきっかけに、この会の現地勉強会、成果発表会にも県の農政の方や農業技術センター、果樹試験場の方々来られました。

c0275667_15125540.jpg
この日は写真がピンぼけ多し~。
3部会から9名の方が発表しました。
私もでましたが、こんな事した事なく、上手く説明なんか出来ませんので、発表と言うより一年の林檎の姿やその他作物の収穫時の画像を見て頂いただけって感じでした。(;^_^A

今回は畑に行った事もない会員さんの畑の様子や成果も聞けたので色々な会員さんに発表してもらえて良かったです。

また来年はそれぞれ皆さんどんな成果を聞けるか楽しみです。
[PR]
# by take-shizen | 2013-01-23 21:30 | 木村式自然栽培勉強会@山梨 | Trackback

果樹部会現地勉強会

1月23日我が家の畑で、木村式自然栽培勉強会@山梨の果樹部会現地勉強会が行なわれました。

勉強会の講師でもある木村興農社の熊田さんをお招きしての午前中の2時間程の勉強会。
内容は、林檎、柿、桃、葡萄などの剪定、年間の管理についてでした。

今回は山梨県の果樹試験場の方々が3人視察に来られました。
フルーツ王国でもある山梨県。
昨年行なわれた山梨県「有機の郷推進交流大会」に木村秋則さんを迎えた事をきっかけに、県や果樹試験場の方々が勉強会の無肥料、無農薬の自然栽培の畑を見に来られたと言うだけでも、取り組み始めて5年目にして、山梨での自然栽培の認知度がこれから少しずつでも広がってくる可能性をほんの少し感じられた1日でした。

この日は晴れましたが、気温が低く、畑にはまだ雪の残る足元冷え冷えの1日でした。

c0275667_12104095.jpg
部会長の挨拶から始まり、講師の熊田さんのお話へ。

まずは基本的な事ですが物凄く大事なことで、自然栽培の捉え方、果樹は畑作や稲作と違い時間もかかるし、毎年リセットして始める事ではないのでそれに対しての取り組み方やとても大事な地上部と地下部との連携について。
そして、ただ無肥料、無農薬だからと言う事だけが自然栽培ではない!ということ。
肥料、農薬に頼らなくても、病害虫やその他の事にも、樹自体が克服出来る様な力を樹自らが持てる様になること。
無肥料 無農薬という言葉を除いてでも、自然栽培というものを伝えられるようになっていって欲しいなど。
他にも色々と改めて自然栽培というものに対しての捉え方など、とても大事なお話をして下さいました。

c0275667_12105859.jpg
熊田さんの剪定した林檎の樹について説明~。

c0275667_12111253.jpg
桃は昨年植えたものや植え付け2、3年の樹なので、これから自然栽培に適した樹にしていくにはどうするか!など説明頂いたり、皆からの質問に答えて下さいました。
その他、柿や、葡萄、梨などを見て頂きお話くださいました~。

我が家の玄関には、昨年の成果を見て頂くために、林檎、干し柿、大豆など並べて、果樹部会の皆さんには林檎や干し柿を味わって頂き、感想などを聞かせて頂きました。
皆さんに見て頂いたり味わって頂き、昨年との違いや率直な意見を頂くのもとても勉強になります。

c0275667_12113336.jpg
2012年11月から12月に収穫した取り組んで4年目の自然栽培林檎。
今年は200個弱。今年も袋を掛けませんでしたが、すす病も少なく急激に気温が下がったせいか赤く色付きました。
昨年は4月に皆さんに味わって頂きましたのでちょっと時期外れでしたが、今年は早めに味わって頂く事が出来て良かったです。

c0275667_12114366.jpg
自然栽培4年目の甲州百匁で作った枯露柿。
今年は一個400~500g以上の物が沢山採れました。
大きくて吊るすのにも大変で、丁寧に手作業で皮をむき天日に干しても通常の物より時間がかかり一が月以上かかりました。
柿の箱詰めの仕方が上下反対だった。(^_^;)

こちらも皆さんに切り分けて試食して頂きました。コロ柿って好き嫌いがあるし若い方はあまり食べないイメージがありましたが、皆さん意外にもお好きな方が多く、興味をもって頂き美味しいと食べて下さいました。

c0275667_12121853.jpg
これは勉強会で一つの品種をそれぞれが同時期に栽培して、その結果を見る!ということで、昨年は畑作部の方から皆で同じ種の大豆(おおつ)を購入し、それぞれ自分の畑で栽培してみました。
土寄せもしなくて草取りも一度もせずにほぼ放任だった大豆。
畑作部の方もいたので成果を見て頂きました。
元種よりも随分粒が小さく、色も若干青っぽい??大粒なのに小さい?
土や場所で違うんですね~。
みんなで同じ物を作るのも面白いです。
今年は人参だそうです。

午後からは総会と2012年成果発表でしたので、今回は短い時間でしたが、県の果樹試験場の方々にも畑を見て頂き、慣行栽培の目線からのご意見や病害虫の基本的な事なども聞けたり、林檎を食して頂き感想なども聞けて、とても勉強になりました。

昨年は、2008年の講演会以来、初めて勉強会に木村さんにも来て頂き、畑作指導や我が家の畑にも視察に来て頂き樹や畑を見てアドバイス頂ける事が出来ました。
そして、県知事さんにも我が家の林檎を召し上がって頂ける機会も頂き、こうして県の農政、果樹試験場の方など来て頂いたりと色々とあった一年でした。

取り組み始めて今年で5年目に入りましたが、これからもまた改めて自然栽培と言う物を理解出来るよう、そしてまた一歩前に進める様に取り組んでいきたいと思いました。

午後からは総会と成果発表でした。
[PR]
# by take-shizen | 2013-01-23 21:06 | 木村式自然栽培勉強会@山梨 | Trackback

非加熱生はちみつ

無肥料 無農薬 草花達の豊富な自然栽培の小さな果樹畑で飼育している蜜蜂から頂いた天然の非加熱生はちみつ。

砂糖水、人口の餌(花粉)、抗生物質は与えずに蜜蜂達が自分で集めた蜜や花粉だけを食べて元気に畑や庭を飛び回っています。
c0275667_16323647.jpg

季節の果物の花や、畑一面の草花やハーブから蜜蜂たちが一生懸命集めました。
季節の花ごと巣箱ごとにも、色や香り味わいも違います。

小さな畑の中での少しの飼育です。
丁寧に1箱ずつ、採蜜ごとにその時の蜜を分けて絞り、すぐに瓶詰めしておりますので、それぞれの蜜の色、味わい香りなどの違いを楽しめます。
c0275667_16302655.jpg
自然栽培りんごのふじの花の蜜を一生懸命吸っているみつばち。
自然栽培の果実、人工授粉ではなくこうして蜜蜂達が受粉してくれた果実です。

採蜜後は一切加熱処理などせずにそのまま瓶詰め致しますので、はちみつの本来もっている酵素や酵母、190 種類以上ともいわれる沢山の栄養素がそのまま詰まっています。

食すだけではなく蜂蜜には天然の抗生物質が含まれています。
殺菌力にすぐれ、傷口に塗ったり口内炎などにも塗ると治りが早く、昔から治療に使われている程。
蜂蜜の糖分が傷口の痛みをやわらげる働きもあると言われています。

顔に塗ると沢山の酵素、酵母の働きでくすみも取れ肌もツルツル、ふっくらしてきます。
まさに天然の美容液。

一匹の蜜蜂が一生で集める蜜は僅かティースプーン一杯程。
そんな蜜蜂達が一生懸命集めた蜜を少しだけ分けて頂いています。

自然の営の恵みの素晴らしさ、有り難さを教えて頂いている蜂蜜です。
e0274772_13382211.jpg



生はちみつが体にいい理由 http://suzuki-youhou.com/?mode=f1
[PR]
# by take-shizen | 2013-01-17 22:06 | 自家採取非加熱生はちみつ | Trackback