日本蜜蜂 入居後何者かに!

1箱捕獲でき2箱目がすぐ入居したと喜んでいたのもつかの間、10日程置いておいたら。
c0275667_214933.jpg
巣箱がない!!
c0275667_21483093.jpg
  ブロックと石を乗せておいたけどそんなの飛ばされて、箱は下に転がっていた。
c0275667_21462966.jpg
 あらら、ショック、、、
c0275667_2148538.jpg
釘で打ち付けている底枠も壊してスライド式の底板も抜かれ、、、
c0275667_21473442.jpg
中は空っぽ。板がえぐられている。小さい巣が、、、
c0275667_21465248.jpg
中にはくっきり爪痕が、、、
c0275667_21471683.jpg
この爪痕。
鹿やイノシシ猿は多いがそれではない爪痕、、、なんだろ〜。
蜂達が巣を作り蜜でも溜め始めたのだろうか、それとも巣箱の中に塗った蜜蝋の匂いで来たのか!

転がっている壊れた箱に蜂が入って来た。
もしかしたら戻って来るかも?と壊れていない新しい箱を設置したらすぐに蜂が入っていった。
辺りを見回すと上の大きな樹に沢山の蜂がブンブン飛んでいた。かなり数。
まだ襲われて日が浅いのか、上の樹に逃げてまだそこに居たのか。
ちょっとほっとして戻ってくれたらと願いながら、
懲りずにそのまま新しい箱を置いて来た。
今度はブロック2個乗せて。
動物が覚えていてまた来るか、蜂が襲われたのを覚えていてここには戻らないか、、、

3日後に見に行ったがなんと箱の中は空でした。
蜂さんもう二度とここへは帰って来ない??

先日笛吹市で人程の大きさの熊が目撃されたと大騒ぎ。
まさかこれも熊じゃないよね、、、、
これからは行くときは鈴用意?

動物は犬ネコ位しか周りに居ない暮らし。
野生動物、山暮らし、自然界の厳しさ少し実感。
[PR]
# by take-shizen | 2015-06-01 21:42 | みつばち

ぶどう開花

自然栽培ぶどうスチューベン、開花。
c0275667_15581062.jpg

c0275667_15583661.jpg

[PR]
# by take-shizen | 2015-05-27 16:01 | 自然栽培葡萄

捕獲後初の内検〜

4月下旬捕獲第一号の巣箱。5月初めに我が屋に移動して初めて中の様子を見る。
c0275667_20511726.jpg

c0275667_2051353.jpg

[PR]
# by take-shizen | 2015-05-26 20:41 | みつばち

日本蜜蜂捕獲 2箱入居?

本日2箱の入居確認出来ました。
c0275667_22505717.jpg

4月下旬に1箱捕獲出来た場所にもう一度仕掛けたら入りました。(右側の箱)
欲張って左側にも置いて来ましたが、こちらはなんとガムテープが剥がれ落ち、
屋根のブロックとトタンがずれていて、泥はね沢山、、、左側からの雨、風の当たり方が強かったのでしょうか!
おまけに誘引剤のつぶつぶも見付からず、誘引剤まで雨で流されてしまったのか。
別の場所に設置し直してきました。
剥がれ落ちた3枚のガムテープは「ダンゴムシホイホイ」に、、、、

c0275667_22533426.jpg
右側の箱、出入りしていました。
c0275667_2252382.jpg
        ♪♪♪

c0275667_22511084.jpg
こちらは別の場所の1箱。
c0275667_22514947.jpg
4月12日に設置して中々入居が確認出来ませんでしたが今日は数匹出入りしていた。
やっと入ってくれたのでしょうか、、、
今日は夕方近くでしたのでまた昼間見に行きます♪
[PR]
# by take-shizen | 2015-05-17 22:48 | みつばち

日本蜜蜂 初捕獲。

昨年6月に、日本蜜蜂を譲って頂き飼い始めました。
何も分からず飼い始めてすぐに2回の分蜂やら女王を残しての逃亡やら
色々な事がおこりました。
群は大きくなり年末までは元気だったが年明けから徐々に減り消滅。
原因はアカリンダニのようでした。

今年は初の捕獲に挑戦。
4月に甲州市の2箇所に3箱仕掛けて1箱捕獲でき、花粉も運び始めていたので
先日我が家の畑に運んできました。

まずは捕獲前提で予備の箱作り。
兄のmabu。貴重な休日が箱作りで終わってしまった。
c0275667_1954739.jpg
パーツに切り分け。
c0275667_19541928.jpg
組み立て。
c0275667_19524175.jpg
バーナーで焼く。
c0275667_19531330.jpg
完成!
c0275667_19533094.jpg
寄り穴を中心と左横との2パターンにしてみた。
ひとまず2個完成。ありがとうございました。
これで現在箱は5個。
1年くらいは雨ざらしにしてから使用した方が良いということなので少しずつ作り置きしていくとよさそう。


先月3箱仕掛けた場所。
c0275667_19455456.jpg
4月12日設置。
この大木の下はとても良さそうだったけどすぐ横を人が通り目立かもしれないので別の場所へ移動。
c0275667_19445677.jpg
4月12日設置。
こちらも同時に仕掛けたがまだ入っていない様子。まだ暫く置いておきます。
c0275667_19422937.jpg
4月19日設置。
こちらは仕掛けてすぐに入居。
c0275667_19424710.jpg
花粉も運び始め2週間程してから日没後我が家へ。

c0275667_20191036.jpg
西洋蜜蜂に比べてちっちゃい。
c0275667_202225.jpg
赤や黄色、オレンジ、白などの花粉を次々集めてきたり、
c0275667_20185993.jpg
蜜を沢山吸って飛び立つ前より大きなお腹で帰って来る♪

みつばちライフ、今年もどんなドタバタになるやら。
[PR]
# by take-shizen | 2015-05-12 20:29 | みつばち

工房open

自家製酵母パン、焼き菓子、自然栽培果樹「自然の庭 ふわり」
4月24日(金)25(土)工房openいたします。
c0275667_13343122.jpg

takeの自然栽培シリーズ。
りんごや採れたてアスパラ、干し柿なども使ったパンやベーグル、焼き菓子。
富有柿、ブラックベリー、スモモなどを使ったジャムや自家採取はちみつなどもご用意しております。

自然栽培林檎の花も満開を迎えています。
季節ごとに姿の変わる自然栽培畑や庭♪
お天気も良さそうですのでぜひお気軽にお出かけ下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。
「自然の庭 ふわり」http://fuwarinahi.exblog.jp/
[PR]
# by take-shizen | 2015-04-23 13:59 | 自然の庭 ふわり

自然栽培りんごの花 満開

4月12日に開花した自然栽培林檎の花も満開。
c0275667_1305324.jpg
ふじ林檎の花。
c0275667_132854.jpg

c0275667_14155836.jpg
ニュートンのりんご、ケントの華。ふじの花よりも大きい。
c0275667_14161050.jpg

c0275667_14164110.jpg

たんぽぽが終わりヒメジオン、ハルジオンが咲き始めてきました。
c0275667_14193093.jpg
林檎の木の下。こぼれ種からの小麦。

c0275667_21232340.jpg
2月にアルプス乙女の樹に接いだニュートンの枝。
無事芽が出て花がが咲き終わった。
もう1本の樹に接いだ枝は元の樹がカイガラムシでやられていた為形成層がダメだったかも。
芽が枯れた。
[PR]
# by take-shizen | 2015-04-22 13:07 | 自然栽培りんご

自然栽培ぶどう 萌芽

ぶどうも芽が開いてきました。
c0275667_1327593.jpg
自然栽培スチューベン
c0275667_13264124.jpg
自然栽培シャインマスカット。
c0275667_1414044.jpg
シャインマスカットは場所がないから短梢で。
[PR]
# by take-shizen | 2015-04-21 22:25 | 自然栽培葡萄

庭の花達

庭の花が沢山咲き始めました。
c0275667_14384171.jpg

c0275667_14381710.jpg

c0275667_1439223.jpg

c0275667_14405459.jpg

c0275667_14424571.jpg

c0275667_15142644.jpg

c0275667_1440450.jpg

c0275667_15163989.jpg

c0275667_151538.jpg

c0275667_1515168.jpg

c0275667_14402143.jpg

c0275667_14394680.jpg

c0275667_15154189.jpg

c0275667_14404123.jpg

c0275667_15155430.jpg


c0275667_1516517.jpg

c0275667_15153287.jpg

c0275667_1516777.jpg

c0275667_1520365.jpg

[PR]
# by take-shizen | 2015-04-19 14:37 | お花達

鹿、牛、鶏。

白州のさる吉農園さんに鹿のもも肉を頂きました。
いつも秋に栗拾いなどさせて頂いている渡辺さん宅で、
みんなで鹿を吊して捌いたそうです。
モモ1本頂けると言うので工房open後夜白州まですっ飛んでいきました〜。

そして以前ニワトリの捌き方を教わったsatoさんもいらして、
捌いた親鳥の焼き鳥も頂いてきました〜。
これは外で炭火で焼いた方がよいね!と言う事で急遽友人達とバーベキューに。

c0275667_7224237.jpg



c0275667_7183882.jpg



鹿のもも〜。
毛と皮だけ剥いだ物。
バーベキュー直前の処理で大急ぎ。うす〜いゼリー状の膜を取るのが結構大変でした。



c0275667_719198.jpg

鹿肉が初めての方もいらしたのでこの日は取りあえず食べやすい肉厚の所だけ塩こしょうで焼く。


c0275667_1547261.jpg


他の所はまた後日処理しながら頂きます。


c0275667_7193847.jpg
親鳥の焼き鳥。大好き親鳥。
若鶏より固いがこれを食べたら止められない。こちら塩だけで。
後ろは石垣島の友人からの青パパイヤ炒めにサラダ。
自家製キムチにほうれん草、菜の花のお浸し、、、


c0275667_721321.jpg

Sさんご夫婦からは熟成肉の差し入れが〜。
噛めば噛む程味わいが出て来る。脂も深い味。もう少し熟成すると脂身がチーズの様な風味になるという。既に少しそういった味わいが。

c0275667_7221683.jpg
1センチ程にスライスして塩こしょう。焼いてはさみでカット。塩だけでも十分美味しい。
翌朝焼いた残りを食べたら冷めても美味しかった〜。

c0275667_7215094.jpg
我が家の96歳の姫はみんなより早い夕食。
家の中から早く熟成肉を!の催促があり急いで焼く〜。
96歳姫、しっかり頂きました。

c0275667_7225673.jpg



鹿、牛、鶏。

c0275667_7203141.jpg
鹿ももを捌いている間に
Sさん夫妻が持参した未開封の新品パスタマシーンを開封。
説明書を読みながらうどん作り。

c0275667_11424488.jpg


8分で出来ちゃった。
あっという間でびっくり。
たのしぃ〜。

c0275667_7232915.jpg


最後の〆はうどんで。
丸くてつやつや思っていた以上にコシのあるうどんができちゃいました。

c0275667_717509.jpg

後日、気分を変えて鹿肉ステーキ。
我が家のブラックベリージャムと赤ワイン、ブラックペッパーソースで。







その他、筋などもと〜っても柔らかく捨てるとこなく全部フライパンで焼いて食べちゃいました。


皆さんから思いがけない御馳走をいただきました。
ごちそうさまでした。

この鹿の解体作業解説、風景が渡辺さんのブログ(知給知足)に載っています。
簡単に口にしているお肉ですが、こうした作業がなされて私達が頂いています。
こちらです。 http://d.hatena.ne.jp/musikusanouen/20150420

にわとりの解体記事。http://ameblo.jp/norarikurarinahibi/theme-10054028719.html
[PR]
# by take-shizen | 2015-04-16 23:46 | 食べ物

いよいよ虫達も

c0275667_1942365.jpg

アブラムシ、テントウ虫、大アリさんも一気にお目見え。
c0275667_1391745.jpg

c0275667_1393980.jpg
蜘蛛が獲物ゲット。
c0275667_13123780.jpg
タンポポには沢山のみつばち。
足元ブンブン。
畑や庭が賑わってきました。
[PR]
# by take-shizen | 2015-04-14 13:07 | 虫達

ニュートンの林檎また他へ接ぐ。

ニュートンの林檎の枝、2011年4月にふじの樹に接ぎましたが
今年はまた他の2本の樹に接ぎました。
無事芽が出て来てきました〜。
c0275667_15423237.jpg
まだ小さいアルプス乙女の樹に接ぎました。姫林檎とニュートンの林檎が一緒に実る予定〜。

c0275667_1542545.jpg
こちらはもう1本の枯れかけたアルプス乙女をバサッと切ってニュートンの林檎の枝だけに、、、
でもこの接いだ枝、もしかしたらふじの枝だったかも〜!
花が咲いたら分かります、、、

ニュートンの林檎の枝について 
過去記事http://ameblo.jp/norarikurarinahibi/entry-10859026812.html
[PR]
# by take-shizen | 2015-03-28 17:09 | 自然栽培ニュートンの林檎

自然栽培林檎ふじの様子

c0275667_15413542.jpg
自然栽培りんご(ふじ)今年も少しずつ開きかけてきました。
c0275667_16501388.jpg
足元には少しずつ緑の草達がもこもこ。
小麦やカラスノエンドウ、オオイヌノフグリ、ヨモギ、ハルジオン、、、
c0275667_15425569.jpg
タンポポも一面に増えてきました。もう綿帽子の姿も♪
c0275667_16505073.jpg
畑のあちこちにある水仙たちも満開です。
[PR]
# by take-shizen | 2015-03-27 15:48 | 自然栽培りんご

桃の花 開花しました。

3月24日桃の花が開花しました。
c0275667_15162835.jpg

c0275667_15202347.jpg
2009年に苗を植え付けた自然栽培桃(白鳳系)
奥の畑では収穫の一番早い品種の(はなよめ)の花も咲いてきました。
桃の周りに大根やインゲン、ミックスレタスなど蒔いてみました。
c0275667_1523144.jpg
カイガラムシが付いて来たが、天ぷら油の散布時期を逃したため金たわしで落とす。
c0275667_15214517.jpg

縮葉病やその他菌や虫を少しでも防げるよう水で洗い流してみます。
c0275667_15233797.jpg
幹の元にはこぼれ種のルッコラの花。早っ。
[PR]
# by take-shizen | 2015-03-25 21:13 | 自然栽培桃

自然栽培 甲州百匁柿 コロ柿終了致しました。

おかげさまで自然栽培 無添加 甲州百匁コロ柿 終了致しました。
c0275667_1326542.jpg

ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
# by take-shizen | 2015-02-02 13:22 | 自然栽培百目柿

木村式自然栽培勉強会@山梨 総会 成果発表会

1月22日(木)に木村式自然栽培勉強会の27年総会、26年成果発表会が行なわれました。
午前中は朝から果樹部会の現地勉強会もあり、丸1日がかり。
この日は山梨は朝から雨。長野県は朝から雪。そんな中飯田市、松本、茅野からの会員さんや愛知県や東京からもお客様がお車で参加されました。

c0275667_1202149.jpg

2008年のグローバル株式会社さん主宰の木村さんの講演会直後に集まった30人が
グローバル株式会社の森川社長にお世話になりながら勉強会を開催し、
その2年後には小黒農場小黒さんが会長となり自分達で会を運営し活動して
4年目になりました。
今年は会長はじめ新役員になり新たに会を運営して行きます。

新会長は北杜市ほのぼの農園さんの佐藤栄一さんです。

成果発表は各部会1人ずつからの発表と、
今回は熊田氏+森田氏(弁護士、おりてゆく生き方プロデューサ)
の対談が会員達の心に響き大好評でした。

会のブログに様子を載せてありますので良かったらご覧下さい。
木村式自然栽培勉強会@山梨ブログ http://kimurashikiyamanashi.blog.fc2.com/

[PR]
# by take-shizen | 2015-01-26 12:06 | 木村式自然栽培勉強会@山梨

自然栽培甲州百匁 無添加ころ柿販売。

大変お待たせ致しました。
自然栽培甲州百匁柿 無添加の枯露柿(ころ柿)が仕上がりました。

祖父の代から受け継いだ樹齢50年、半世紀以上除草剤不使用、農薬、化学肥料、有機肥料、堆肥など一切使用せずに実った自然栽培7年目の甲州百匁の枯露柿です。
c0275667_1275811.jpg


ころ柿の中でも特に高級品と言われる山梨県産の甲州百匁の枯露柿。
一般に市販されているものは、色を綺麗にする為や早期乾燥の為に酸化防止剤
(二酸化硫黄硫黄)はもちろん、専用の乾燥機や大型扇風機などを使用しているところも多くあります。

takeの自然栽培枯露柿は酸化防止剤(二酸化硫黄)や、乾燥機、大型扇風機などを使用せずに自然の天日と冷たい冬の空っ風だけでじっくりと干し上げた
無添加の枯露柿です。
しっかり赤くなった柿を収穫し、手作業で皮を剥き吊していき、表面が乾いたら藁の上に平干にして、柿の繊維を切り柔らかくなる様にやさしく手揉みをしながら
毎日数回裏表の転がし作業をし、丁寧にじっくりと時間をかけて作りました。

c0275667_1694670.jpg
農薬、化学、有機肥料、堆肥を一切使用しないで沢山の草達や生き物達の中で実った甲州百匁柿。

甲州百匁柿とは主に山梨県(甲斐の国、甲州)甲州盆地周辺で栽培されていて
釣鐘形をした大きな渋柿。通常のものでも350gから400g程で、
大きなものでは500g以上になります。
百匁柿の名称は百匁(ひゃくもん)=約375gであると言う事から言われる様になり、それが訛ってひゃくめ柿となったと言われています。

c0275667_16251122.jpg
11月中旬に収穫
c0275667_16225585.jpg
300gから〜500g以上のものまで。

c0275667_16305750.jpg
汚れやヘタをとる。

c0275667_1515141.jpg
手作業で皮をむき沸騰したお湯にくぐらせながら吊します。

c0275667_15155331.jpg
表面が乾き少し水分が抜けてきたらやさしく手揉みを繰り返します。

c0275667_1838498.jpg
次は藁の上で平干し。
形を整えながら毎日数回裏表にひっくり返し乾燥させます。
c0275667_18392530.jpg
天日に干され日ごとに水分が抜けていき旨味と甘みが凝集され白い粉がふき始めてきます。これは柿から出る天然の甘み成分が結晶したものです。
水分が抜けていく程に次第に白い粉で覆われます。天然の粉砂糖。

枯露柿はとても栄養価が高く、日本を代表するドライフルーツ。
特に甲州百匁柿の枯露柿は高級銘菓とも言われ和菓子の様な自然食です。
あまり揉み広げずふっくら柔らかく1つずつ心を込めて仕上げました。
肥料、農薬、添加物を一切使用しない自然の恵みを味わって頂けたらと思います。

c0275667_1510548.jpg
1個ずつ包装し枯露柿専用の化粧箱に詰めてお届けいたします。

体を気遣っておられる方、小さなお子様がいらっしゃる方、ご年配の方への贈り物にも大変喜ばれております。

自然栽培甲州百匁 無添加「枯露柿」
化粧箱3号 6個入り終了致しました。
    9個入り終了致しました。
化粧箱2号 2Lサイズ12個入り終了致しました。
送料別。
包装してお届け致します。


お問い合わせ
「自然の庭 ふわり」
fuwarinoniwa2013☆yahoo.co.jp(☆を@に変換して下さい)
担当take












    
[PR]
# by take-shizen | 2015-01-18 15:16 | 自然栽培果樹 販売

本年もよろしくお願い致します。

新年のご挨拶が遅くなりましたが、
本年もどうぞよろしくお願い致します。

年末は自然栽培の稲穂を使って、家族やお隣さんで手作りのお正月飾りを作りました。
c0275667_12442966.jpg

教えて下さったのはアトリエ野の花さんのkyoko先生。

c0275667_13193347.jpg

こちらに使った稲藁は北杜市の「ほのぼの農園 ナチュラルハート」さんの自然栽培の亀の尾。

c0275667_13191946.jpg


たわわに実った稲穂が重たいくらい付いていました。


c0275667_131156.jpg

庭の松や南天、古布などを使い色々なタイプのものを作りました。
様子はふわりのブログにも。
こちら


c0275667_13513428.jpg

c0275667_13513686.jpg

小さな獅子舞ちゃんも!


c0275667_1352124.jpg



c0275667_12445117.jpg





楽しくてその他まだまだ
た〜くさん作りました♪
[PR]
# by take-shizen | 2015-01-12 21:17 | 手作りのもの

ふわり 工房open

12月12(金)13(土)の工房openにお越し下さいました皆様ありがとうございました。

12月19日(金)20日(土)工房open致します。

クリスマスも近づいてきましたね。
ドイツのクリスマス菓子『シュトレン』も
残り少なくとなりましたが、ご用意しております。
ゆずジャムと自然栽培林檎を合わせた『ゆず林檎』ジャムも登場♪

その他、無農薬無肥料 自然栽培シリーズでは
富有柿ジャム、スモモ太陽ジャム、ブラックベリージャム、マルベリージャム、
林檎や干し柿、サツマイモ、紫芋などを使ったパンやベーグル、焼き菓子などもご用意しております。

焼き立ての惣菜パンはお昼前後の焼き上がりとなります。
寒くなりましたので、テーブル席にはストーブもご用意して
皆様のお越しをお待ちしております。
e0274772_1241051.jpg


工房open
日時 12月19日(金)11:00~17:00
   12月20日(土)10:00~17:00

場所 自然の庭 ふわり
   笛吹市石和町河内18
ローソン裏 赤いテントのミニログハウス
駐車場 工房前4台

[PR]
# by take-shizen | 2014-12-17 17:28 | 自然の庭 ふわり

工房open

12月5 , 6日の工房openにお越し下さいました皆様ありがとうございました。


今週12月12(金)13(土)の2日間工房open致します。

いよいよ寒くなってきました。
ふわりでも庭にある材料で作ったリースやクリスマスツリーを飾り、
12月はドイツのクリスマス発酵焼き菓子!『シュトレン』も焼いています。
収穫を迎えたふわりの無肥料 無農薬自然栽培りんごを使った
パンやベーグル、焼き菓子などご用意してお待ちしております。

e0274772_2148497.jpg

e0274772_21474251.jpg



日ごと味が
なじみ美味
しさを増す
シュトレン…









c0275667_10393995.jpg















ドイツでは約4週間程前にシュトレンを用意し、家族で毎日薄くスライスしたシュトレンを食べながらクリスマスを待つそうです。
たっぷりのバターときび砂糖で、発酵しながら一か月以上美味しさを増すシュトレン…日頃やバターや砂糖を控えている方も、一年のご褒美として♪
ぜひ、お召し上がり下さい。


工房open

日時 12月12日(金)11:00~17:00
   12月13日(土)10:00~17:00
場所 自然の庭 ふわり
   山梨県笛吹市石和町河内18
   ローソンの裏 赤いテントのミニログハウス

駐車場 工房前4台 その他ご案内致します。

[PR]
# by take-shizen | 2014-12-09 22:12 | 自然の庭 ふわり