柿のヘタムシガ被害

無肥料 無農薬 自然栽培柿 5年目の富有柿。
柿で一番被害を被るカキのヘタムシガが発生中〜。
柿は自らが調整して落果させる生理落果もありますし、このへた虫で半分以上?3分の1以上落果してしまいます。
自然栽培2年目3年目はほとんど全滅に近かった。
昨年は少し収穫量が増えました。
今年も発生中〜。
c0275667_2135471.jpg
茶色いのがみんな入られて落果したものです。
c0275667_21364736.jpg
ヘタを残して落果。
c0275667_21351329.jpg

まだ緑のヘタですとここに残っている場合があります。
ヘタ虫は移動しながら3,4個入り込み食害するそうです。
入ったものは全て落果します。
c0275667_21371342.jpg
ヘタや果梗から入り込み
糞が出ます。
c0275667_2139345.jpg
下に落とさない様にバケツに1つ1つ取っていきます。
c0275667_2138066.jpg
自然落果もあります。
c0275667_21384187.jpg
自然栽培に切り替える前は葉っぱ50枚対して1個〜、なんて摘果をしていましたが、今ではそんな事したらなくなってしまいますので様子を見ながらです。

c0275667_21381721.jpg
ほんとはこれも1つにするのですが、またへた虫発生が収穫前に来るのでそのままで、、、
袋も掛けてみたりしていますが何処まで残ってくれるでしょう〜。

頑張って、、、、
[PR]
by take-shizen | 2013-07-08 21:35 | 自然栽培富有柿
<< 自然栽培りんご 葉が落ち始める 蜂さんも暑い >>